Yoshihiro Nakano のすべての投稿

研究者。社会哲学、平和学、批判的開発学分野を横断して研究しています。近年、ポスト開発、脱成長、社会的・連帯的な経済の研究を行いながら、ポスト資本主義世界のビジョンを模索しています。 Researcher. The areas of specialization are social philosophy, peace studies, and critical development studies. Recently I am working on such topics as post-development, degrowth, and social and solidarity economies in the hope of imagining the vision of post-capitalist world.

第18回PARCニューエコノミクス研究会のご案内

NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)では、10月11日(金)に下記の研究会を開催いたします。


第18回PARCニューエコノミクス研究会:

分解と異化:『分解者たち:見沼田んぼのほとりを生きる』を書い

報告者:猪瀬浩平(明治学院大学教養教育センター准教授)
コメント:中野佳裕(早稲田大学地域・地域間研究機構次席研究員)
司会:大江正章(コモンズ代表、PARC共同代表)

日時:2019年10月11日(水)19時~21時

場所:アジア太平洋資料センター2F教室

2019年3月に、私の地元見沼田んぼのことをめぐって一冊の本を出しました。この本は埼玉の高度経済成長期以降の地域史であるとともに、見沼田んぼ福祉農園が生む埼玉の障害者運動史であり、見沼田んぼ保全運動史であり、そして、私の家族史でもあります。写真家の森田友希さんと一緒に仕事をしたことを含めて、これまで私が考えていたことや、ひっかかっていたことへの応答でもあります。共生という言葉がよくつかわれるようになりましたが、その使用頻度に比例して意味が希薄化する中で、私は共生という言葉に、分解という言葉をつなげて、失われている何かを表してみたいと思いました。そのあたりのことを語りたいと思います。


申し込み・お問い合わせは、公式サイトまで。