文学私選 My Favourite Literature

私は哲学書よりも文学作品を通じて「考えること」を学びました。子供の頃は読書が苦手で、好んで読んでいたのは日本昔話や竹取物語/平家物語などの日本の古典くらい。黙読するよりも、朗読して言葉の音の感触やリズムを楽しんだり、物語を聴いて覚えるのが好きでした。自分の感性に合う本と出会えるようになったのは、大人になってからです。

これまで読んだ文学作品の中で、特に好きで繰り返し読んでいる作品をリストアップしてみました。シェイクスピア、ルイス・キャロル、フローベール、ジョイス、イヨネスコ、ベケットあたりは原書で読むと圧倒的に面白いです。

海外文学の中で一番多く読んでいるのは、『ハムレット』。『リア王』と『ゴドー・・・』がそれに続くでしょう。過去最も心に残っている作品は、ボルヘス『砂の本』所収の短編「ウルリッケ」。幻想的で美しい物語です。言葉遊びや物語の軽快なテンポを楽しめるのは、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』シリーズ、イヨネスコの戯曲、フローベールの『ブヴァールとペキュシェ』。詩人で忘れられないのは、リッツォスです。

日本文学は、近現代よりも古典の方が圧倒的に好きです。『竹取物語』『平家物語』以外では、能楽の戯曲が気に入っています。近代の作品としては、谷崎の「刺青」が私にとってのスタンダートとなっています。石牟礼道子さんの作品は、能楽の戯曲「不知火」や長編「春の城」など、内容的にも文学ジャンル的にも魅力的な作品が多いですが、繰り返し読んでいるのは、下記に挙げた二つの作品です。

今夏再び手にしているのは、ゲーテの『ファウスト』。物語の壮大なスケールに圧倒されます。


海外文学

  • ホメロス『イーリアス』『オデュッセイア』
  • アイスキュロス『縛られたプロメテウス』
  • ソポクレス『オイデプス王』『アンチゴネ』
  • セルバンテス『ドン・キホーテ』
  • シェイクスピア『ハムレット』『リア王』『ヴェニスの商人』『冬物語』『ソネット』
  • ゲーテ『ファウスト』
  • ヴォルテール『キャンディード』
  • フローベール『ブヴァールとペキュシェ』
  • ユゴー『レ・ミゼラブル』
  • エドガー・アラン・ポー『メエルシュトレエム』
  • ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』
  • ジェイムス・ジョイス『若き芸術家の肖像』『ユリシーズ』
  • リルケ『若き詩人のための手紙』
  • サルトル『嘔吐』
  • サンテグジュペリ『人間の土地』
  • エメ・セゼール『帰郷ノート』『植民地主義について』
  • エリオット『荒地』
  • イヨネスコ『授業』
  • ベケット『ゴドーを待ちながら』
  • ボルヘス『砂の本』
  • ウンベルト・エーコ『前日島』
  • リッツォス『括弧』
  • ミラン・クンデラ『冗談』『無知』

日本文学

  • 『竹取物語』
  • 『平家物語』
  • 『古今和歌集』
  • 『新古今和歌集』
  • 『宇治拾遺物語』
  • 『夕顔』(能楽)
  • 『土蜘蛛』(能楽)
  • 『鵺』(能楽)
  • 『卒塔婆小町』(能楽)
  • 源信『往生要集』
  • 世阿弥『風姿花伝』
  • 泉鏡花『二,三羽――十二,三羽』『草迷宮』
  • 谷崎潤一郎『刺青』『春琴抄』『少将滋幹の母』『人間が猿になった話』
  • 木下順二『夕鶴』
  • 石牟礼道子『苦海浄土』『椿の海の記』

中野佳裕

2022. 8. 21.