What’s New

訳書:『脱成長』セルジュ・ラトゥーシュ著、中野佳裕訳、白水社クセジュ、2020年。

気候変動、原発事故、格差の拡大、地域経済の衰退、民主主義の危機──消費社会のグローバル化が導いた複合的危機から抜け出すためには、豊かさのパラダイム転換が必要だ。本書は、持続可能な社会への移行をデザインする文明論的プロジェクトとしての脱成長論を、最先端の議論を整理しながら展開しています。人新世の脱成長論。詳細は、白水社のウェブサイトまで。


論考:

岩波『世界』2020年8月号に、論考「いまこそ〈健全な社会〉へ──コロナとともに考えるトランジション・デザイン」を寄稿しました。


Cahier 思索日記

最近考えていることなどをざっくばらんに書き留めています。


The CommunitySoundscape Murozumi: 

イベント「未来のまちづくり」(2020.1.25)で流した作品を映像付きでアップしました。>>Here


共著:Postdevelopment in Practice: Alternatives, Economies, Ontologies, edited by Elise Klein and Carlos Eduardo Morreo, London and New York: Routledge, 2019.

英国のRoutledge社の「批判的開発学シリーズ」から、脱開発論の最新研究書が刊行。脱開発論の歴史を振り返るグスタボ・エステバ&アルトゥロ・エスコバルの貴重な対談によって始まり、世界各地の研究者による最新の書下ろし論文が続きます。本書では、脱成長、南米先住民のコスモロジー、エコロジー、フェミニズム、アート(芸術)など、様々な視角から脱開発の実践的可能性が模索されてます。小生は、玉野井芳郎の地域主義をグローバル思想史の中で再検討する論文を寄稿しました。詳細はRoutledgeまで。


New Project: コミュニティ・サウンドスケープ─室積編─CommunitySoundscape Murozumi

地域コミュニティの感性的次元を音/音楽を通じて描き直す活動を始めました。最初のモチーフとして選んだのは、私の故郷の環境音です。詳細は、CommunitySoundscape Murozumiへ。

© Yoshihiro Nakano

 


訳書:『幸せのマニフェスト──消費社会から関係の豊かな社会へ』、ステファーノ・バルトリーニ著、中野佳裕訳、コモンズ、2018年。

イタリアでポスト成長論を展開する経済学者S・バルトリーニの代表作。幸せな生活を保障する社会はどのような社会だろうか。本書で著者は、米国の事例を中心に、経済的繁栄の裏側で進行する関係性の貧困のメカニズムを鮮やかに分析。その対案として、関係を豊かにする社会政策を多角的に提案しています。この日本語特別編集版では、2010年に刊行された原書に最新の研究動向が加筆修正されています。

*詳細・お問い合わせは出版社コモンズ


単著:『カタツムリの知恵と脱成長──貧しさと豊かさについての変奏曲』、中野佳裕著、コモンズ、2017年。(La décroissance, ou la sagesse de l’escargot: variations sur la pauvreté et la richesse, par Yoshihiro Nakano, The Commons Publishing Inc., Tokyo, 2017.)

世界各地で展開しているローカリゼーション運動。その根底にある思想的水脈を、様々な切り口で紹介。南ヨーロッパ、イラン、インド、ラテンアメリカから瀬戸内海へ・・・〈共〉(the common)を描き直す思想の旅へようこそ。

目次 / Tables des matières Table of Contents

本書の制作について/ 著者のつぶやき

*詳細・お問い合わせは、出版社コモンズへ。


共著:『21世紀の豊かさ──経済を変え、真の民主主義を創るために 』、中野佳裕編・訳、ジャン=ルイ・ラヴィル、ホセ・ルイス・コラッジオ編、コモンズ、2016年(Reinventing the Commons in the 21st Century: Alter-economy, Alter-democracy, edited by Yoshihiro Nakano, Jean-Louis Laville, and Jose Luis Coraggio, Tokyo, The Commons Publishing Inc. 2016)
web21%e4%b8%96%e7%b4%80%e3%81%ae%e8%b1%8a%e3%81%8b%e3%81%95南米・ヨーロッパ・米国・日本の精鋭12名が、 各地の社会運動を踏まえながら、オルタナティブな経済・政治・社会への道筋を多角的に展開。経済成長至上主義への根底的批判と共=コモンズの再構築を通じた、21世紀型の豊かさの構想。 <コモンズ創業20周年記念出版>

目次 編著者プロフィール一覧 /版元ドットコム(「あとがき」全文掲載中)

Table of Contents (English)

中野佳裕の研究室 Yoshihiro Nakano's Web Office